世界に対する認識を新たにする

 

世界に対する認識を新たにする

若いうちに世界を見て回ると言うことは、その後の人生に大きな影響を与えるようです。日本で暮らしていると当たり前である、水道をひねれば安全な飲み水が、またスイッチをつければ電気がすぐに使えるなど、便利な生活に関して感謝をしないようになってしまいます。


海外ボランティアを行うことで、自分たちの生活がいかに恵まれているか、また世界に対するさまざまな認識を新たにすると、最近若い人たちの間で話題になっていでるようです。


しかし自分でどこに行くか?どのような形でボランティアを行うかなど色々と難しいようです。リゾート地としてのセブで日本のNPOが短期間からの国際ボランティアプログラムを行っていると。現地のスタッフも日本人と言う事で安心して参加できると言われています。


日本のエージェントによる海外ボランティア

日本を飛び出して色々な世界を見てみたい。または恵まれていない子供たちに勉強する楽しさを教えたい、女性が一人でも暮らしていけるようにスキルをつけさせたい。など色々な理由で海外ボランティアに参加する人たちがいます。


このようなニーズを受け、学生から社会人まで、安心して参加できる短期海外ボランティアを支援するNPO団体など、日本のエージェントも存在しています。


海外ボランティアでも最近話題になっているのがセブ島。比較的に治安も安定している地域でリゾート地としても有名なセブ島で、日本のエージェントによるプログラムに加わることで自分が持っているスキルを利用して、現地の人たちの貢献できると言うものです。


5日間、1週間と言う短期間から数ヶ月と言う長い期間まで色々とあり、子供たちに教育を施すものや女性への就業支援、また地域のインフラ整備などその種類は多種にわたり、地域ですでに信頼を得ているNPO団体だからこそ出来るプログラムと言えるようです。


海外ボランティアで大きく成長する

若い人たちだけでなく、多くの人がやってみたいと言われている海外ボランティア。しかし最近は地域によってはテロなどが発生し危険な場所も多いようです。世界的なリゾート地でもあるフィリピンのセブ島では、華やかな観光地でありながら現地の人たちの中に電気が通っていないなどの、厳しい生活を強いられている人たちも多くいます。


日本のNPO団体と提携を結び、日本から海外ボランティアのプログラムを組んでいる所があるようです。世界に目を向けるのに最適な学生や、自分の持っているスキルを使って少しでも人の役に立ちたいと、色々な人が参加していると。


国際ボランティアは現地の人たちを助けるだけでなく、ボランティアを行うその本人も大きく成長できるもので、その経験はその後の人生に大きな影響を与えるようです。


 
コンテンツ